1/10

【定番/清春着/イングランド製】ジョージコックスGEORGE COX/DACE/6番クレープソール/スムースレザー/キルティング/GIBSON/ラバーソール/25.5/26/UK6/白/定価55000/N0428K5/

¥4,950 税込

SOLD OUT

別途送料がかかります。送料を確認する

¥11,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

◆◇ジョージコックスGEORGE COX◇◆

★イングランド製
★定価55000円

【ジョージコックスとは】
★1906年、イギリスのノーザンプトンで、ジョージ・ジェイムズ・コックスにより創業された。 創業当時から、グッドイヤー・ウェルト製法と、ジョージコックス社独自のウェルト製法による製品を生産し、高い評価を得ていた。
★1949年、Blothel Creeper(ブローセル・クリーパー)と呼ばれる厚底の靴が開発された。この靴のソールにはクレープソールが使われており、この靴が世界ではじめてラバーソールを採用した靴となった。
★クリーパーは、1950年代、イギリスのユースカルチャーで、“テディボーイ”と呼ばれる層の人々に人気を博し、また、そのころアメリカで誕生したロックンロールの観念としだいに結び付いていくようになる。
★1960年代後半になると、Winklepickers(ウィンクルピッカーズ)と呼ばれるモデルの製品が開発され、ジョージコックス社の靴は、モード系シューズとして再び注目を集めるようになった。
★1970年代に入ると、Vivienne WestwoodとMalcolm McLarenによって、テディボーイたちを客層に狙った、LET IT ROCKという名の店がロンドンのキングズロードにオープンし、そこでジョージコックス社のクリーパーが紹介される。
★この店はセックスピストルズと関係が深い店であり、彼らセックスピストルズや、ダムド、ストラングラーズなど、さまざまなバンドがジョージコックス社の製品を身につけることにより、パンクムーブメントに広がりとともに、パンクスやロックミュージシャンたち愛用のメーカーとして認知されていくようになる。

【状態】
★10段階中3~4くらい
★ソール減り、レザー擦れや剥がれなど使用感あり。
★汚れは出きる範囲で一通りきれいにしてあります。

【サイズ】
★表記UK6
★25.5〜26くらい
★アウトソール29.5くらい
★ソール高さ4くらい

【素材】
★スムースレザー

【カラー】
★ホワイト

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (50)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥4,950 税込

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品
          CATEGORY